クリーニング ハニー東京

クリーニング豆知識 ここから

クリーニング豆知識

ドライクリーニングとは
水を使用せずにクリーニング専用の石油系溶剤を用いて洗濯します。ドライクリーニングは、体から分泌される油分などの油性汚れをよく落とし、 型くずれや収縮がおきにくく、繊維を傷めにくいため、生地の風合いも変化しにくいという特徴があります。

シミについて
シミは水溶性や油溶性であっても、時間の経過や熱、空気、日光などの影響で変質して不溶性となり、 クリーニングで取り除くのがだんだんむずかしくなります。また、汗やジュースのシミは乾いてしまうと見えなくなり、 そのままにしてしまうと変色やカビ、虫食いの原因になります。しみがついたらできるだけ早く処置をすることで大切な衣類を守ることができます。

クリーニング後のビニールカバーについて
クリーニング後のビニールカバーは運搬時の汚れを防ぐ物で保存用ではありません。 また、通気性が良いものではありませんのでカビやビニールの成分による衣類の変色等の原因となりますのでビニールを外して衣類を保管下さい。

衣類の収納について
衣類などを長期収納される場合は収納前にクリーニングに出すことをお勧め致します。 衣類などには目に見えない汚れや食べこぼしの汚れが付着しています。 そういった汚れが付いたまま収納してしまうと虫食いや変色の原因になります。

ポリウレタン加工製品について
現在、ポリウレタン素材(合皮)を使用した衣類はたくさん市販されていますが、ポリウレタンの特性や性質を 知らずにご購入されている方がほとんどではないでしょうか? このポリウレタン素材の衣類の寿命は、着用やクリーニングの有無に関わらず劣化するもので製造されてから およそ3年と言われています。購入してから3年ではなく製造されてから3年です。
ポリウレタン樹脂コーティングの衣類を購入する場合は、性質や寿命を理解してから購入することが大切です。
福岡でのクリーニングは「クリーニング ハニー東京」にお任せ下さい!
クリーニング豆知識 ここまで